++ゆず亭++

我が家のわんにゃんの毎日の記録

パピヨン・チワワ4・トイプードル・ボーダーコリー・Mダックスの7ワン ラグドール・メインクーン2・スコテッシュ・ホールドロングコート・ペルシャ・ノルウェイジャン・日本猫4の10にゃん、16匹の大家族。 8歳の娘とわんにゃんの成長記録です。

ゆずちゃん10歳

ゆずちゃん、10歳になりまし。

DSC07356











10歳かぁ・・・

ゆずともう10年一緒なんだね。

これからもずっと元気でいてね。

DSC07359いつも、いつもありがとう。

最近はコートも貧相になり、子犬みたいですが、まだまだ元気。

今日は特別な事ができなかったけれど、みんなでお祝いしました。

ゆず、これからも元気でいてください。


柿右衛門再入院

 柿右衛門、本日再入院いたたしました。

退院してから右足が地面につくことが出来なくて・・・日曜日には朝一番に病院に電話してきいたところ一日様子をみてということでした。

立ち上がる事もできないので立ち上がる事もできなくてトイレにたどり着いても30センチの距離なのに倒れこんでしまいます。

仕事が終わって速攻で病院へ連れて行って、手術は成功しているし関節がおかしいということはない。
心理的な事なのか、やはりどこか傷めているのかが不明な為に入院となりました。

一応の目安は抜糸する土曜日。


柿右衛門、大丈夫?
歩けるように、走れるようにと手術したんだからね。
がんばろうね、


またまた心配で・・・精神不安定です。






退院

柿右衛門退院しました。

まだ脚が痛いようでちゃんと地に足がつきません。

心配なんで一日一緒に寝ていました。

カラーをしていると動かないので、取ってあげることに。

そうすると傷を舐めてしまう為に一緒に眠りつつ、舐めさせないように見張るので一日だるかったです。

はぁ・・・・退院してほっとしています。

DSC07097うちにあった手術用のガーゼ服。
ちょっときつかった・・・

お見舞い

柿右衛門に面会してきました。

昨日の辛そうな柿右衛門ではなく、痛々しくはあるけれどしっかりした顔つきになっています。

DSC00385
よくがんばったね、柿右衛門。

本当にあなたは強いコです。

明日までは安静にしていないといけないので、ゆっくり休んでくださいね。

ママも仕事が終わったら毎日お見舞いに行きます。

退院したらみんなでお花見しようね。


これからリハビリもあるけれど、前みたいに少し走れるようになるよ。

DSC00393柿右衛門のいない我が家は、なんだか気が抜けてしまい、ちょっと寂しいです。

弱虫で、えばっている柿右衛門がいて我が家。

みんなで待っているからね。





手術成功

今日はお昼から手術でした。 見学ができるというので、私は見学室からずっと見ていました。 もしかして、これが柿右衛門の最後になったらという気持ちでいっぱいだったので。 歯石取りから両膝の手術まで2時間半くらいかな。 オペは無事に成功。 ただ、売僧から醒めなかったらどうしようと・・・ちゃんと選んでもらった麻酔とはいえ、心配でなりません。 麻酔が覚めるまで病院で待っていました。 「目を開けましたよ。」 入院のしているゲージへいくと、点滴をしてぐったり横たわっている柿右衛門がいました。 ステンレスの冷たい床でなく、クッションが入っていて、タオルが身体にかけられていました。 まだ意識が朦朧としているからといわれたのですが 「柿右衛門、ママだよ、がんばったね。えらかったよ」
声掛けすると、声のするほうに身体を起こして立ち上がろうとします。 柿右衛門の頭の下に手を入れて、撫でてあげると安心したのがまた寝てくれました。
そして痛そうな悲鳴ともうめき声ともつかない声を出して震えていました。

湯たんぽを入れて、鎮静剤と精神安定剤を注射。 これから3日間は安静にして、その後体調を見てリハビリにはいるとの事です。 まだ気が抜けませんが、毎日お見舞いに行って柿右衛門に会いに行きます。 一緒にリハビリがんばって、みんなでお花見に行こうね。 退院祝い、しようね。 がんばったね、柿右衛門。 えらかったよ。 木村先生、ありがとうございます。 先週の柿右衛門。 DSC07060

柿右衛門 入院

夕方、柿右衛門を病院へ連れて行きました。 仕事から帰ってきてから、柿右衛門だけ連れて娘と一緒に公園へ散歩に行きました。 もしかして・・・これが最後の散歩になるかもとれない・・ 手術をする事にしたのは私なんだけれど、これでいいのかという迷いでいっぱい。 散歩をしながら堂々巡りのマイナス思考。 やっぱりやめようか・・・車椅子という手段をとってもいんじゃない。 でも、このまま悪化しいじん帯断絶や骨折などになったら、緊急手術になり今よりもリスクがあがる。 手術しようと決めてもやっぱり心は不安に揺れます。 今夜から入院になり点滴をして手術に備えて体調を整えます。 先生に柿右衛門をどうかよろしくお願いしますと、預けてきました。 柿右衛門を預けて帰宅する車では本当、気分はどんどん落ち込んいく。>帰宅してからは、四つの食器を用意するだけで悲しくなりペットロスに近い感じで、胸が、心臓がぎゅっと痛い。 柿右衛門のいないゲージをみるだけで辛い。 食欲もなく、心配で眠れない。 還ってくるよね、柿右衛門。 それだけが心配で、柿右衛門がいない、それだけ考えてしまって他に思考が動かない。 どうか無事に手術が終わりますように。

問い合わせ

とあるブリーダーさんに
CL検査はしていますか?と質問したら

もちろんしている。
けれど、うちの環境に対して飼うのはまだ早いと思うので譲りませんと。

プロフィールに書いてあるのを読んでますよね。
最初に問い合わせした時にもそんな事、言いませんでしたよね。

CL検査を聞いたらでしょうか。

そのブリーダーさん、過去のパルボになって弁護士東証という事態になった事がある。

HPにもCL検査の事を書いていない。
本当は検査していないんじゃないの~

ちょっと不信感持っていたのですが、こんな対応のところとお迎えしなくてよかったです。

やっぱり、ガングロのコ♪
柿右衛門の手術が終わって無事か確認できるまで・・・まっててくれるかな。。。




livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
メッセージ