++ゆず亭++

我が家のわんにゃんの毎日の記録

パピヨン・チワワ4・トイプードル・ボーダーコリー・Mダックスの7ワン ラグドール・メインクーン2・スコテッシュ・ホールドロングコート・ペルシャ・ノルウェイジャン・日本猫4の10にゃん、16匹の大家族。 8歳の娘とわんにゃんの成長記録です。

手術成功

今日はお昼から手術でした。 見学ができるというので、私は見学室からずっと見ていました。 もしかして、これが柿右衛門の最後になったらという気持ちでいっぱいだったので。 歯石取りから両膝の手術まで2時間半くらいかな。 オペは無事に成功。 ただ、売僧から醒めなかったらどうしようと・・・ちゃんと選んでもらった麻酔とはいえ、心配でなりません。 麻酔が覚めるまで病院で待っていました。 「目を開けましたよ。」 入院のしているゲージへいくと、点滴をしてぐったり横たわっている柿右衛門がいました。 ステンレスの冷たい床でなく、クッションが入っていて、タオルが身体にかけられていました。 まだ意識が朦朧としているからといわれたのですが 「柿右衛門、ママだよ、がんばったね。えらかったよ」
声掛けすると、声のするほうに身体を起こして立ち上がろうとします。 柿右衛門の頭の下に手を入れて、撫でてあげると安心したのがまた寝てくれました。
そして痛そうな悲鳴ともうめき声ともつかない声を出して震えていました。

湯たんぽを入れて、鎮静剤と精神安定剤を注射。 これから3日間は安静にして、その後体調を見てリハビリにはいるとの事です。 まだ気が抜けませんが、毎日お見舞いに行って柿右衛門に会いに行きます。 一緒にリハビリがんばって、みんなでお花見に行こうね。 退院祝い、しようね。 がんばったね、柿右衛門。 えらかったよ。 木村先生、ありがとうございます。 先週の柿右衛門。 DSC07060

柿右衛門 入院

夕方、柿右衛門を病院へ連れて行きました。 仕事から帰ってきてから、柿右衛門だけ連れて娘と一緒に公園へ散歩に行きました。 もしかして・・・これが最後の散歩になるかもとれない・・ 手術をする事にしたのは私なんだけれど、これでいいのかという迷いでいっぱい。 散歩をしながら堂々巡りのマイナス思考。 やっぱりやめようか・・・車椅子という手段をとってもいんじゃない。 でも、このまま悪化しいじん帯断絶や骨折などになったら、緊急手術になり今よりもリスクがあがる。 手術しようと決めてもやっぱり心は不安に揺れます。 今夜から入院になり点滴をして手術に備えて体調を整えます。 先生に柿右衛門をどうかよろしくお願いしますと、預けてきました。 柿右衛門を預けて帰宅する車では本当、気分はどんどん落ち込んいく。>帰宅してからは、四つの食器を用意するだけで悲しくなりペットロスに近い感じで、胸が、心臓がぎゅっと痛い。 柿右衛門のいないゲージをみるだけで辛い。 食欲もなく、心配で眠れない。 還ってくるよね、柿右衛門。 それだけが心配で、柿右衛門がいない、それだけ考えてしまって他に思考が動かない。 どうか無事に手術が終わりますように。

問い合わせ

とあるブリーダーさんに
CL検査はしていますか?と質問したら

もちろんしている。
けれど、うちの環境に対して飼うのはまだ早いと思うので譲りませんと。

プロフィールに書いてあるのを読んでますよね。
最初に問い合わせした時にもそんな事、言いませんでしたよね。

CL検査を聞いたらでしょうか。

そのブリーダーさん、過去のパルボになって弁護士東証という事態になった事がある。

HPにもCL検査の事を書いていない。
本当は検査していないんじゃないの~

ちょっと不信感持っていたのですが、こんな対応のところとお迎えしなくてよかったです。

やっぱり、ガングロのコ♪
柿右衛門の手術が終わって無事か確認できるまで・・・まっててくれるかな。。。




がんばろうね

実は・・・
今年中にという感じで、中型犬をお迎え予定を年始から考えていました。

一番の理由はただ、私が中型犬をずっっと飼いたいと思っておりました。
飼いたい、ただそれだけです。

条件的なものとしては、
・娘の体力に犬たちも命の危険を感じてた。
・ゆずを先頭にみんなシニア世代に突入しつつあります。そろそろ子守からも引退させてあげたい。
・娘がもう少し大きくなるまでって待っていたら私の体力的な問題で飼えないと思う。
幼稚園に行きだしたら、段々と飼えるチャンスが減りそう。。。

それで、ボーダーコリーくらいのワンコを探していたんですね。

我が家は娘が生まれたときからみんないるから、私との信頼関係も出来ているので、かなり手荒に扱われても耐えたり、逃げたりして攻撃をする事はないのです。
成犬だと・・・私との信頼関係を作る前に多頭飼育、犬と猫との共存社会、子供に対する気配りなどて゜いっぱい、いっぱいにお互いなりそう。
だから子犬からnanako家に順応したワンコをと思っています。

丁度2月と3月生まれのボーダーコリーが!!
やった~とばかりに連絡を取りまして見学をほしようと思っていたんです。

けれど柿右衛門の両膝が悪化して、お迎えする前に手術しないとボーダーの子犬と柿右衛門じゃ・・・体格差があり事後で怪我したらイヤなのでと一番早い日に手術をお願いしました。

それが今度の金曜日からの入院となりました。
計画停電の関係もあり、出来るうちにやっちゃおうつと。
去年から1年以上・・・延期したのでここは腹をくくりました。

この手術が、明るい未来へと繋がりますように。

絶対に還ってくるんだよ。
遠くに
手の届かないところに、みんなのところら行かないで還ってきてね。
この事が一番貴気がかりで・・・一番心配で・・・ずっと手術を渋っていました。

柿右衛門、がんばろうね。








柿右衛門君の様子





今日は天気も良かったので大宮公園でお散歩。
いつもは脚が痛いカッキーもがんばりました。





ライターを使用中

ブログエディターを使っての投稿練習です。

これで投稿できるかな。

柿右衛門 パテラ手術へ

今日は柿右衛門ほ連れて、越谷の病院へ行ってきました。

去年からどんどん脚が悪化してもう限界。

血液検査の結果。

血がどろどろになっている、典型的な肥満の血液でした。

この値を下げて、水頭症を考慮して両膝2本を一気に手術いたします。

ずっと延ばし延ばしにしていたので、思い切って一番早い日ほ希望したら来週の9日土曜日に手術となりました。

今日から薬を飲んで金曜日から入院です。

車椅子にしようか、サプリでいい方向にいかないだろうか、ストレッチやマッサージ。
出来る事を色々やっての決断です。

手術日まではカッキーとの時間濃いもりにしていきたいと思っています。
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
メッセージ