++ゆず亭++

我が家のわんにゃんの毎日の記録

パピヨン・チワワ3・トイプードル・ボーダーコリーの6ワン ラグドール・メインクーン2・スコテッシュ・ホールドロングコート・ペルシャ・ノルウェイジャン・日本猫4の10にゃん、16匹の大家族。 3歳の娘とわんにゃんの成長記録です。

ダイヤFIP

ダイヤの様子がおかしいと一度病院へ行くも、大丈夫ではと帰されたあとの一週間後。
おなかが張ってるので気になる、もしかして腹水じゃないでしようか??
検査した結果・・・FIP。
やっぱりな、呼吸が速かったのは腹水で呼吸がつらかったからだよね。

先週行った時わかってたら・・・と思う。

眼振もFIPだったのかな。。。

ずしっと心が重くなりました。

余命どれくらいですか?と先生に聞いたところ「今月かな・・・」

今後、ダイヤがつらくないように、安らかに逝けるように、そういった治療方針となりました。

我が家の猫達アラン、雷蔵、楓、櫻がFIPで亡くなっている。
猫同士から感染は低いと言われている。我が家は除菌殺菌に気をつけて、アラン、雷蔵さんがいた家から引越までしたしたというのに・・・なんでまた出会っちゃうんだよFIPに。

今までFIPでいろいろな事をして、結果的になにをどうしていいか、本当にわからない。
結果的に苦しんで逝ってしまっている。。。
猫専門病院へ行った。でもやっぱり無理だった。
大きな専門病院へも行った、紹介状を書いてもらって行った。でもダメだった。
漢方もサプリも試した、いっぱい注射も薬も試した。

ダイヤ、どうしたらいい?君は今どこが辛い?

食べる気持ちはあるけれど、食べれない。
ミントを見ているようだよ・・・こういう場面でミントを思い出してしまったよ。
ミントはFIPではと疑ったけれど、結果は脾臓のリンパ腫癌だったんだよね。

ステロイドのお薬を飲み始め2週間。
黄疸も出てきて、口臭も死期に近付いているようなにおいになってきた。

しかし、ご飯を食べに動くので「なんか治療したら効果があるんじゃないの?」と思ってしまう。
インターキャット打ったら効くかも!とか。


仕事から帰ったら病院へ行こうか?、でもダイヤにストレスを与えるだけじゃないの?の考えでぐらぐらしています。
インターキャット、効かないかな・・・・



胸水が溜まるようになったら、安楽死を考えますと先生にお願いした。

まろん兄さんとダイヤ

またまた時間が空いてしまった更新です。

我が家では年末からずっとまろん兄さんの具合が悪くて、毎週病院に行っていました。
現在は咳が出るけれど、眠れないほどではないので、通院も1週間、2週間と開いています。
・・・それでも一時間ほどは咳をしていて落ち着けないのですが・・・

そんなバタバタとして落ち着かない中、我が家の末っ子ダイヤちゃんが去勢手術と目の手術をしました。
残念ながら癒着してしまった目はもう元には戻らないそうですが、うっすら曇った部分をできるだけ取ってもらいました。今まですりガラスで見えていたのが、部分的によく見えるようにはなっているとの事です。

目があまり見えないのにさすがは子猫。
毎日元気いっぱいなのでよく物にぶつかります。

手術した目もぶつけているので経過がわるく、手術後の検診で目薬が追加されました。
あと、眼振が気になるのよね。いろいろ検査しても、原因がわかる「かも」しれないけれど、治療法がない現代の住医学。
痛い思いをいっぱいしてもプラスにならない事はやめようと思います。
ダイヤちゃんが元気に毎日過ごせるよう事に力を注ぎたいです。

まろん兄さんの健康状態は微妙な感じで、ダイヤちゃんの去勢手術は済んだけれど、眼振と目の状態もうーんな感じ。2016年早々、なんかいろいろ大変なnanako家です。


2016年そうそう

ご無沙汰しております、nanakoです。
年末からずっと、我が家の兄貴!まろん兄さんの具合が悪くって。。。

1月1日、元旦からずっと咳が止まらなくって、ご飯も食べず苦しくてずっと座っているまろん君。
室内の中だから止まらないのかなと思っても庭に出たら、チアノーゼを起こして倒れてしまった。

まろん兄さん「ぜーぜーぜーぜー」
私「兄さん、大丈夫?」
まろん兄さん、パタンと転倒、ころん!!
私「まろん!!!!」

それから、なんとか息ができて少し持ち直したのですが、私はずっとそばにいて貫徹。

1月2日からやっている病院へ直行です。

咳止めの注射を打ってもらい、なんとか・・・大丈夫かな?
そして酸素室を考えている。帰りにアルペンで携帯用の酸素ボンベを5本購入してきました。

毎日のように通院していまして、血液検査もしましたが特に問題なく年相応の健康状態(まろん兄さんは13歳)
がんの再発?とか・・・といういやな考えも浮かびました。
なにか日常で違和感があったかどうかを先生と話していたら
「そういえば、兄さん震えていたことがありました。」という話と首のヘルニアになった話をしました。

「どこか痛いのかもしれない」ってことで痛み止めも注射したのです。
それが効果あって、3日くらいしたら咳も収まり、ごはんを食べだしました。
続けて痛み止めと咳止めを注射。

今日まで2週間ほど落ちいて生活しています。
まろん兄さんのゲージにイオン発生器を向けてずっときれいな空気を流しているも効果あったのかもしれない。

酸素発生器も届きまして、酸素室もつくれるので緊急時にはなんとかなりそうな感じにはなりました。

年明けから早々、まろん兄さんの体調の事で忙しくてブログが更新できませんでした。

あとでまろんの病室ゲージをアップしよっと。


2016年も我が家のみんなをよろしくお願いします。

ダイヤ

実は11月終わりから、我が家には子猫ちゃんがいるのです。
名前はダイヤ君といいましてアメショーの血がどこかに入ってるかな?という感じのキジ白。

なんでダイヤかといいますと、去年に亡くなったノルウェージャンの「まるちゃん」の名前が「まる」だったので四角にしようと・・・ちょうど背中にダイヤのように白い模様があってので四角をひねってダイアモンドになりました。

ダイヤ君は左目がありません。
保護されたときには猫風邪が悪化して壊死していたそうで摘出手術をしました。
右目は白くにごっています。見た目的に、ちょっとかわいそうですが、ダイヤには「ちょっと見えにくいな」程度でばっちし見えているようです。

娘が毎日ダイヤの世話に明け暮れています。先住猫たちはというと、さすが!桧ちゃんはママ猫化して面倒をみています。
意外と天ちゃんが遊んであげていたりしています。

これから我が家で幸せになって欲しいものです。

保護したときには400グラムという体重はもう1.4キロにもなりました。
我が家に来て1ヶ月、すっかり馴染んで元気いつぱいです。 

子猫君、安らかに

ここ数日の気温差にまいっているnanako一家です。

8月のお盆明けに我が家に新しい猫ちゃんが来る予定でしたが、残念ながら亡くなってしまいました。
もともと小さくて育つかなと心配していた子猫ちゃん。
動物病院で保護されていたのですが、ミルクの飲みが悪くなりそのまま衰弱してしまたようです。生後3週間ほど。短い命でした。娘は名前をつけて、迎える気満々でしたのでわんわん泣いてしまってます。

私も引き取ってミルクあげればよかったかな。いやいや、乳飲み子の子猫は難しいからそれでもダメだったかもとか、考えては後悔しています。

ロミオ君、虹の橋のたもとで待っていてね。

長靴とシャンプー

今日も雨でいやになってしまう。まろん兄さんをシャンプーしたかったのに、この気温では心臓に悪そうで、怖くてできないです。今日は10月の気温とか。
ストーブ出す?とも思ってしまう感じの肌寒さ。

明日のほうが天気が悪いとのことでしたので、娘と長靴を買いにいくと、売り切れていた。(;´д`)トホホ
夕方にばばっと売れてきてしまったとか。今の長靴がちょっと大きくおさがりの長靴でして、EEE。歩いていると素ポーンと脱げる。それで我慢しようかと思ってましたら、ラストワンでぴったりのサイズを発、ジバニャンの長靴。仕方なくというか妥協して買ってきました。

娘も今年一年でサイズアウトするだろうし、長くはくものじゃないから、いいかジバニャンでも。

明日の天気がひどくならないといいんだけど・・・

気持ちのいい秋晴れになってくれたら、兄さんのシャンプーしよう。

コーギーちゃん

ゆずが若い頃からよく公園であっていたコーギー。介護ベルトをしての散歩姿を見て『がんばって』と思っていたけれど先日もう抱っこ散歩になっていた。

ものすごく色も抜けてて、そりゃそうだもう13歳とかくらいだもの。

自力で歩けないんだ・・・がんばれ、がんばれって心の中で応援。

じうか、少しでも長い時間を家族と過ごせますように。。。
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
メッセージ