実は11月終わりから、我が家には子猫ちゃんがいるのです。
名前はダイヤ君といいましてアメショーの血がどこかに入ってるかな?という感じのキジ白。

なんでダイヤかといいますと、去年に亡くなったノルウェージャンの「まるちゃん」の名前が「まる」だったので四角にしようと・・・ちょうど背中にダイヤのように白い模様があってので四角をひねってダイアモンドになりました。

ダイヤ君は左目がありません。
保護されたときには猫風邪が悪化して壊死していたそうで摘出手術をしました。
右目は白くにごっています。見た目的に、ちょっとかわいそうですが、ダイヤには「ちょっと見えにくいな」程度でばっちし見えているようです。

娘が毎日ダイヤの世話に明け暮れています。先住猫たちはというと、さすが!桧ちゃんはママ猫化して面倒をみています。
意外と天ちゃんが遊んであげていたりしています。

これから我が家で幸せになって欲しいものです。

保護したときには400グラムという体重はもう1.4キロにもなりました。
我が家に来て1ヶ月、すっかり馴染んで元気いつぱいです。