++ゆず亭++

我が家のわんにゃんの毎日の記録

2016年03月

パピヨン・チワワ3・トイプードル・ボーダーコリーの6ワン ラグドール・メインクーン2・スコテッシュ・ホールドロングコート・ペルシャ・ノルウェイジャン・日本猫4の10にゃん、16匹の大家族。 3歳の娘とわんにゃんの成長記録です。

ダイヤ 逝く

今朝、6時ちょっと前に、ダイヤちゃんが亡くなりました。 私と娘は寝ていて、旦那がダイヤを見送りました。 (起こしてくれれば・・・と思いますが) ダイヤちゃんはそれほど苦しまないで逝ったとの事です。 確かに寝ているみたいでした。 急激に悪くなって、でも、もしかしたら奇跡が来るかもという思いもありました。 看取るための看護は辛いですね。 無理やりご飯やお薬をやる後悔が少しだけあります。 本日、荼毘に臥してきました。 葬儀屋さんは前回まるちゃんにお願いしたシオンさんです。 この子はこの月齢しか生きられなかったね、寿命だよ。 薬も吸収されていなかったです。 鼻も悪かったみたいで、脳にもダメージがあったとの事。 遺骨でいろいろ説明して頂きました。 そっか・・・ダイヤは命のろうそく限界までがんばって生きたんだね。 そっか。ダイヤがんばったね。。 理解できるけれど、感情は割り切れない。 毎日の日課だったごはんが無くなってしまうのが、辛いな・・・ ダイヤ、今までありがとう。 虹の橋でみんなと遊んでまっててね。

ダイヤFIP

ダイヤの様子がおかしいと一度病院へ行くも、大丈夫ではと帰されたあとの一週間後。
おなかが張ってるので気になる、もしかして腹水じゃないでしようか??
検査した結果・・・FIP。
やっぱりな、呼吸が速かったのは腹水で呼吸がつらかったからだよね。

先週行った時わかってたら・・・と思う。

眼振もFIPだったのかな。。。

ずしっと心が重くなりました。

余命どれくらいですか?と先生に聞いたところ「今月かな・・・」

今後、ダイヤがつらくないように、安らかに逝けるように、そういった治療方針となりました。

我が家の猫達アラン、雷蔵、楓、櫻がFIPで亡くなっている。
猫同士から感染は低いと言われている。我が家は除菌殺菌に気をつけて、アラン、雷蔵さんがいた家から引越までしたしたというのに・・・なんでまた出会っちゃうんだよFIPに。

今までFIPでいろいろな事をして、結果的になにをどうしていいか、本当にわからない。
結果的に苦しんで逝ってしまっている。。。
猫専門病院へ行った。でもやっぱり無理だった。
大きな専門病院へも行った、紹介状を書いてもらって行った。でもダメだった。
漢方もサプリも試した、いっぱい注射も薬も試した。

ダイヤ、どうしたらいい?君は今どこが辛い?

食べる気持ちはあるけれど、食べれない。
ミントを見ているようだよ・・・こういう場面でミントを思い出してしまったよ。
ミントはFIPではと疑ったけれど、結果は脾臓のリンパ腫癌だったんだよね。

ステロイドのお薬を飲み始め2週間。
黄疸も出てきて、口臭も死期に近付いているようなにおいになってきた。

しかし、ご飯を食べに動くので「なんか治療したら効果があるんじゃないの?」と思ってしまう。
インターキャット打ったら効くかも!とか。


仕事から帰ったら病院へ行こうか?、でもダイヤにストレスを与えるだけじゃないの?の考えでぐらぐらしています。
インターキャット、効かないかな・・・・



胸水が溜まるようになったら、安楽死を考えますと先生にお願いした。

livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
メッセージ