++ゆず亭++

我が家のわんにゃんの毎日の記録

まろん君

パピヨン・チワワ3・トイプードル・ボーダーコリーの6ワン ラグドール・メインクーン2・スコテッシュ・ホールドロングコート・ペルシャ・ノルウェイジャン・日本猫4の10にゃん、16匹の大家族。 3歳の娘とわんにゃんの成長記録です。

気管虚脱について

我が家のまろん兄さんは若い頃、気管虚脱と診断されました。

若かったし、薬や気管挿入なんかで、なんとかなった。
乾燥した時期を過ぎれば、普通のたまにせき込んだりする、人間の風邪みたいな感じだった。
それが去年から全然咳が止まらなくなってきた。
どんどん悪化して、ひどい時は24時間のほとんど咳をしている。

冬を過ぎても夏になっても咳は止まらない。
体力の消耗もひどく、今ではほとんど寝ている時間が多い。

咳をしている時は起き上がっていたりしていたのに、ここ1か月は寝たまま咳をするようになっている。

酸素発生器を買ったけれど濃度が30%程度のもの。それでも、チアノーゼを起こして倒れた年末年始よりはだいぶ楽になった。
酸素室をレンタルしようかとも考えているけれど、さこに入ったらもう2度と出ては生きていけなくなってしまう。
高濃度酸素を吸ってしまうと、肺の機能が低下してしまう、普通の酸素で呼吸ができなくなってしまう。
躊躇している原因で、だけど酸素室があれば通院する回数も減る、注射の回数も減る。

注射して咳がとまれば通常の生活、お散歩だってできると思うと、なかなかレンタルできない。
今までの医療費で酸素室、買えるよね~ってくらいかかってるんだけけれどね。

先週から「カルトロフェン・ベット」という注射を試しています。これが効果あればいいんだけど。
この注射を期待している、緩和してくれればいい。
気管虚脱にも聞いたというブログを読んで、今の一縷の希望です。

気管虚脱になる原因は色々あると思いますが、ハーネスを使用して、小型犬なら首を上に向けさせるアイコンタクトはやめた方がいい。
ジェントルリーダーって首の負担を考えるといいんだなぁ今頃思う。

気管虚脱が酷くなると、夜は薬で寝かせることになります。
そして最悪の場合、呼吸困難になり命を落とします。
つぶれた期間は、薬で治るものではないです。

今、14年なのであまり無理な事をさせたくないのだけれど、永く一緒にいたいのです。
苦しくない、いい犬生を送らせてあげたい。


まろん君の様子

まろん兄さんの具合が安定しない。
ここ2週間ほどはごはんをあまり食べなくなってきた。

今までちょべろという姿をみた事ないんだけど、2,3日前からちょべろだし。
やけに甘えにくる上に、夜中うろうろしている。
咳が止まっているのはいいんだけど、このまま逝ってしまうのではと思うほどに静かで怖い。
まろん兄さんが逝ってしまうのはわかるけれど、それでも長生きし欲しいと思う。だけど咳が止まらず苦しんでいる姿を見ていると、どうしても咳を止めてあげたくて、薬を、注射を、酸素を・・・まろん君はどうしたいだろう?

ステロイドのせいで色々と副作用が出てきていると思う。
治療なのか、延命なのか・・・
治療ではないんだけれど、だって気管虚脱は治らないし、じゃあ延命なのかというと違う気がする。

苦しみを取ってあげたい、いつもみたいにお散歩に一緒に行きたい。

考えると、考えすぎて鬱になってしまうわ。

考えすぎて眠れない。。。

祝☆14才

まろん君14歳になりました。

おめでとう♪

・・・14歳だよ、うん感慨深いです。
今年は元旦から不調続きで、病院通いが続いています。

おめでたい本日も動物病院へ行ってきて咳止めの注射を2本打ってきました。

注射を打ったら咳が止まるのからか、寝ている時間が長くなりました。
疲れるものね、ずっと咳で寝れないから。

午後、まろん君の誕生日パーティーで、手作りケーキをあげました。

キリーとなつと蜜柑は食べたけれど、他のコたちはちょっと食べて残していたわ。

まろん君がいつまでも元気でいてくれますように・・・

気管虚脱

今日は雷がすごかったnanako家方面。

犬達もそわそわして、娘のビクビクした態度が伝わって軽くパニック状態でした。
「落ちた!」という雷もなかったんですけれどね。それでも怖いというので習い事から帰ってからはずっと家におりました。

まろん兄さんの気管虚脱がひどくなっており、病院へ行きたかったのですが、本日は休診日でした。
明日は気温が下がるというので、ますますひどくなりそうで、酸素吸入していました。

気管虚脱って軽度だった場合、小型犬に多いんですよね~ってくらい軽く流していたんですが、重篤末期だと、呼吸困難で死ぬというレベルになります。

若い頃、まろんは季節の変わり目に出ていたしまが、夏になったら収まっていたの上に、薬も効いていました。風邪ひいて咳がひどい時に感じに似ていました。
今になって、こんなにひどく症状がでるとは思いませんでした。
細胞が老化したんだなぁ、今までは筋肉とか体力とかいろいろなバランスで体調が維持できていたんだ。
今になって分かっても、手術もできないし、薬も効きにくくなっている。

若い頃に手術しておけばよかったと後悔しています。リスクも高い手術だったし、症状も出ない時は1年、2年と出なかったもので・・・・。

苦しくないような時間が流れて欲しい。咳だけ止まれば全然健康。
気管虚脱がここまで厄介とは思わなかった。



体調がいまひとつ・・・

本日は天気がいまひとつで、娘と私とまろん兄さんがダウンしています。

娘は昨日38度越えの熱を出して胃腸炎との事。

まろん兄さんは気管支炎がひどくて、昼でもぜーぜーと苦しそうです。
私はものすごく、だるくて腰が重く、腎盂炎になりそうな感じです。

まろん兄さんの場合、ステロイドを打てばすっと咳が止まるのですが、来月14歳な兄さんに負担をかけていいのだろうか?いやいや、だからこそストレスのない時間を過ごした方がいいんじゃないの?
副作用より生きている時間を楽に過ごした方がいいんじゃないのかな?

でも、だって・・・で現状維持、ひどくなったら注射を打つという後手後手の状態です。

最近、兄さん甘えっ子で・・・だからこそのこそれた時間を大切にしたいです。

今年の夏は猛暑という事ですので、絶対安静で行こうと思ってます。
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
メッセージ